時事

田口翔の経歴|湯田中学出身で高校中退!万引き常習犯で大麻の噂も?

山口県阿武町の給付金4630万円誤送金を誤って振り込んだ問題で、5月18日に田口翔さん24歳が逮捕されました。

今回は田口翔さんの学歴経歴をまとめてみました。

田口翔の学歴

Twitter

連日世間を騒がせている誤給付問題ですが、今回逮捕されたのが24歳の田口翔さんです。

田口翔さんは山口県山口市出身ということですが、学歴がこちらです。

  • 山口市湯田小学校
  • 山口市湯田中学校
  • 山口高等学校徳佐分校(中退)

はっきりとした情報は出ていませんので、あくまで噂されている学校名になります。

高校は中退されているようです。

学生時代のエピソードを加え紹介していきます。




田口翔の小学校

引用:Twitter

田口翔さんの小学校ですが、山口市湯田小学校ではないかと言われているようです。

卒業文集から見えるお金への執着

田口翔さんの小学校の卒業文集でのコメントが話題となっています。

引用:Twitter

そのコメントがこの3つになります。

  • ロト6の番号を未来に見に行く
  • 持ち金を使い果たす
  • 造幣局の職員

1つ目が、もしタイムマシンがあったら?という質問に対して、

引用:Twitter

ロト6の番号を見に行く」という回答。

2つ目は、もし地球最後の日が来たら?という質問に対して、

引用:Twitter

持ち金をつかいはたす」と回答。

3つ目は、将来の夢は?という質問に、

引用:Twitter

造幣局のしょくいん」と回答しています。

お金にまつわる回答が多かったため、お金への執着がすごいと話題になっていたようです。

しかしこれに関して、元卒業アルバムの作成業者だったという方が、「お金全て使い切るとかいうのも、多くの小学生が普通に書いていることだよ。」 と書き込んでいました。

造幣局の職員という夢はなかなか思いつかなそうですが、お金をたくさん使ってみたい!というのは確かに小学生にとって夢かもしれませんね。




田口翔の中学

引用:Twitter

田口翔さんの中学ですが、山口市湯田中学校ではないかと言われているようです。

wikipediaによると、市内の公立中学校では珍しく男女ともブレザーを採用と記載があります。

田口翔さんの卒アルもブレザーのように見えることから、湯田中学という情報が出たのかもしれません。

引用:Twitter

中学時代の同級生が田口翔さんの中学の印象をこう語っています。

ヤンチャだったが、どんな人ともコミュニケーションがとれて、学校行事にも積極的に関わる、そんな活発的な子という印象があったといいます。

引用:Yahoo!ニュース

ヤンチャだったが、コミュニケーション能力もあり、学校行事にも積極的に関わる活発な子だったようです。

中学3年生の時に不良に変化?

中学校3年から少し容姿が変わり始めたという田口翔さん。

学校の規則に反して長髪だったりとか、よくないうわさが耳に入るようになってきて、ちょっとずつ距離を置く人も出てきたっていう印象です。

引用:Yahoo!ニュース

同級生によると、この頃に見た目も変わり長髪にしたり、よくない噂が耳に入るようになってきたそうです。

万引き常習犯

田口翔さんは中学の時、もう1人の不良仲間と同級生の祖父か祖母がなくなった際、遺産の現金を持ってこさせたり、何万円もするエアガンを買わせたりしていたんだそうです。

持ち出したお金は100万円から200万円で、買い物や外食に使っていたといいます。

地元からは万引きの常習犯でもあり、釣り道具や漫画、自転車などを盗んでいたといったエピソードも聞こえてくる。

引用:デイリー新潮

他にも、万引きの常習犯で、釣り道具や漫画、自転車などを盗んでいたと言ったエピソードもあるようです。

ちなみに逮捕時、卒アル写真で顔が判明すると一部では「イケメン」と言った声もありました。

中学時代は応援団のメンバーとして活躍し、後輩からもかっこいいと言われていたというエピソードもありましたよ。

田口翔の高校

引用:Twitter

田口翔さんの高校ですが、山口高等学校徳佐分校(中退)という情報がありました。

中退理由はわかりませんでしたが、同級生によると、中退後はパチンコなどで散財していたといいます。

田口翔の経歴

引用:Twitter

田口翔さんですが、高校中退後は土木建築会社で働き始め、勤務態度の評判も良かったようです。

しかしお金の面で言うと、給料をもらうと1週間ほどで大半を使ってしい、給料前には、「カネがない、カネがほしい」とこぼしていたようです。

空き家バンクを利用し移住

2020年秋に「空き家バンク」を利用し阿武町移住した田口翔さん。

隣の萩市内のホームセンターで社員として働いていたそうですが、2022年の4月中旬に「役場ともめていて店に迷惑をかける」と申し出て退職したようです。

職場や家の周りに住んでいた方から評判も良かったようで、ホームセンターの店長は「まじめで、顔見知りのお客さんからよく声をかけられていた」と明かしています。

移住理由は大麻?

阿武町への移住理由を「自然の中で暮らしたかった」と周囲に語っていた田口翔さん。

しかし週刊文春の記事によると大麻栽培の為の移住だったといいます。

「一昨年夏、彼らは『大麻の栽培は山奥が適している』と話し、萩市などの物件を見て回り、最終的に阿武町に決まった。『マリファナ・X』という本を読んで品種などを勉強していました。転居後、彼はホームセンターで働き始めましたが、大麻栽培の“軍資金”獲得のため。」

引用:文春電子版

実際のところわかりませんが、家を貸していた男性は「もの静かだが、愛想は良かった」と人柄を語っています。




まとめ

今回は田口翔さんの学歴や経歴についてまとめてみました。

お金への執着があったようですが、真面目で好印象だったという声も多く感じました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

田口翔|ネットカジノ使用が嘘と言われる理由3つ!給付金の本当の使い道は仮想通貨?山口県阿武町が給付金4630万円を誤って振り込んだ問題が連日話題となっています。 返還を拒んでいるのが田口翔さん24歳ですが、「全...