STORY

インドのはるか遠くにある暗黒帝国の犯罪都市ワージー。このきらびやかな大都市を裏で牛耳るのがロイ・グループのロイ(ジャッキー・シュロフ)だ。20年前、抗争に敗れたロイはボンベイ(現在のムンバイ)からワージーへ脱出し、首領プルドヴィラージの後継者になったのだ。

ロイは金や石油の裏取引で組織を発展させたが、後継者争いに破れたプルドヴィラージの息子デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)は面白くなかった。やがて、内部の対立が表面化すると、抗争を恐れたロイは裏社会から脱却し、ロイ・グループとして合法的な事業を展開した。そして、2016年からインド政府の優遇措置を受け、再生可能エネルギー及び水力発電事業を展開させる。しかし、その事業が動き出した矢先、ロイ会長は凱旋したムンバイで暗殺されてしまった。

その3週間後―。ムンバイ市警察は、被害総額3億ドル(約300億円)の謎の窃盗グループを追っていた。実行犯を全員逮捕したものの、逮捕者は「見知らぬ者から指示を受けただけで、犯罪に加担していない」と自供する。実に謎めいた事件だった。そこで、市警幹部は現場に「今後の捜査は覆面捜査官に託した」と明かす。

男の名前はアショーク(プラバース)。逞しくしなやかな肉体、そして、鋭い洞察力を持つタフガイ。大男たちをなぎ倒したと思えば、事件現場では犯行当時の犯人の動きを見事に言い当てる伝説の捜査官だ。

舞台は再びワージー。ロイ・グループの会議は後継者や今後の方針をめぐって紛糾していた。ロイの家族はかつての抗争で全員死んだと思われていたが、遠くの地で人知れず一人息子を育てていた。その息子ヴィシュワクが帰還したことで事態は大きく動く。ヴィシュワクは「資産2兆ルピー(約3兆5500万円)の在りかは私だけが知る」といい、金庫のカギとなるブラックボックスはムンバイにあると明かす。こうして、秘書のカルキ(マンディラ・ベーティー)はブラックボックスを手に入れるためムンバイへと赴く。一方、かねてから会長の座を狙っていたデーヴラージは、自分の手下たちにロイを殺害させ、2兆ルピーを奪ったと告白する。

市警と合流したアショークは、美人捜査官アムリタ・ナイル(シュラッダー・カプール)を相棒にして、特命チームを指揮する。特命チームは窃盗グループを仕切る謎の男(ニール・ニティン・ムケーシュ)の姿を捉えていた。アショークはこの男との接触に成功。男は“ワージーにある金庫を開けるブラックボックスを入手してみせる”と豪語していた!市警がこのブラックボックスを手に入れれば、犯罪シンジケートのムンバイ進出を阻止できる。

こうして、ロイ・グループ、ムンバイ市警、謎の窃盗グループが入り乱れてのブラックボックス争奪戦が始まった。最後に、それを手にする者は誰か?

COMMENT

プラバース演じるアショークはとにかく破天荒でセクシー!
女の子に弱いが、最強の戦闘力を秘めたニューヒーロー!
映像はハリウッドにも負けない大迫力で、近未来都市のようなスケール感溢れる都市ワージーも必見!カプール演じるピュアな女刑事に心奪われます!インド映画が世界を席巻する理由が分かるアクション大作です!
是非ご覧ください!

武井壮(百獣の王)

象とかまだ言ってんの?
プラバースはもうジェットマンまで
いっちゃってんの!

大川ぶくぶ(漫画家)

「ド派手なパーティーだ。どこまでブチ上げる気だ」
「サーホー」のタイトルが出たらショータイムです。「は!?」と驚愕した途端、話のテンションは天井知らずにブチ上がり、とんでもないところに連れていかれます。とにかく景気のいい映画を観た…!

吉上亮(SF作家)

インド映画の魅力が超爆発!ビックスケールのド派手アクションは1秒たりとも見逃せない。麗しい瞳でキメてくるプラバース様のロマンチカな台詞は胸キュンどころの騒ぎじゃない。169分、あらゆる演出で楽しませてくれたサーホーに万歳!!

加藤るみ(タレント)

目で射殺されるのでは?と思うほど色気ダダ漏れのプラバースが、これでもかと暴れ尽くす。
巧妙なシナリオと濃密なアクション、そして多分に盛り込まれるプラバースの神MVに語彙力は死ぬ。これぞインド版『ユージュアル・サスペクツ』だ!!

野水伊織(声優)

時代はHIHOからSAAHOへ!インド映画の歴史を変えた『バーフバリ』のプラバースの強さが、世界に奇跡を起こした!あの幻の雑誌をも復活させるほどの天変地異を! 現実世界をひっくり返すプラバースの神々しさを目に焼き付けろ! これは幻ではない! 現実だ‼︎

岩田和明(元『映画秘宝』編集長)

順不同・敬称略